素直な目で物事を見ることが大切

素直な目で物事を見ることが大切

素直な目で物事を見ることが大切の画像

一流の経営者やリーダーは何をやっているのか? 人気コンサルタント小宮一慶氏の最新刊『経営者の教科書』(ダイヤモンド社)は、その20年以上の経験から成功する経営者・リーダーになるための極意をまとめた本です。本連載では、同書の中から抜粋して、成功するリーダーになるための考え方と行動について解説していきます。

 世の中には、経営という仕事が存在します。しかし多くの経営者が、そのことを十分には認識していません。さらに、経営者を目指している人たちも、それに気づいていないのです。

 では、「経営」とは、具体的には何をすることなのでしょうか? 私は、次の三つだと考えています。

 (1)「企業の方向づけ」、(2)「資源の最適配分」、(3)「人を動かす」

 まずは、それぞれについて簡単に見ていきましょう。

■(1)企業の「方向づけ」が何よりも大切

 企業経営にとって、一番大事なことは、「方向づけ」です。「何をやるか、やめるか」を決めることです。これを誤ると、企業は崖っぷちに進んでいくようなものです。

 多くの会社を見てきて、これをとにかく間違わないことが何よりも重要だと感じています。そして、これが的中すれば、飛躍的に事業を伸ばすチャンスがあるのです。

 私が、直接かかわらせていただいている会社の中で、このところ飛躍的に伸びているのは、京都に本社のある印刷会社のプリントパックさんと熊本が本社で成人式の着物の販売とレンタルを行っているウェディングボックスさんです。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)