あのバフェットも資産の9割を ETFで運用するように指示

あのバフェットも資産の9割を ETFで運用するように指示

あのバフェットも資産の9割を ETFで運用するように指示の画像

投資先進国の米国で、今最も注目を浴びている商品がETF(上場投資信託)です。米国ではETFが年率2ケタの成長率で伸びており、現在の純資産残高は280兆円。これは、日本のETF市場の14倍超。(1)コストを抑えた運用ができる、(2)リアルタイム取引ができる、(3)指値・成り行き注文ができる等、多くのメリットがあるETFですが、まだ日本の個人投資家にとってはなじみのある商品とはいえません。その理由は、手数料が低いため、証券会社が積極的に顧客に紹介してこなかったから。しかし、金融庁が「ETFは投資家の資産形成に有用な金融商品であり、今後十分に活用を検討していく」と公表するなど、今後、注目が集まることが予想されます。本連載では、最新刊『ETFはこの7本を買いなさい』(ダイヤモンド社)を上梓した世界No.1投信評価会社トップの朝倉智也氏が、ETFの何がおすすめなのか、その選び方・買い方、活用法等について、わかりやすく解説します。

■アクティブからインデックスへ投信市場の流れが変わった!  

 アメリカの投資信託会社バンガード・グループから、世界初の個人向けインデックスファンドが発売されたのは、1976年。およそ40年ほど前のことになります。

 しかし当初、インデックスファンドという金融商品は、業界内でその価値がほとんど理解されませんでした。運用商品が市場平均を上回るパフォーマンスを狙うのは当たり前のことだった当時、「市場平均並み」を目指す運用に意義を見出すのは難しかったのでしょう。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)