賢い人がやっている<勉強法>に共通する、あるポイント

賢い人がやっている<勉強法>に共通する、あるポイント

鈴木秀明(すずき・ひであき)資格・勉強コンサルタント。1981年8月4日富山県生まれ。東京大学理学部卒業。東京大学公共政策大学院修了。24歳でAll About「資格」ガイドに就任。行政書士、中小企業診断士、気象予報士、証券アナリスト、宅地建物取引士、1級ファイナンシャル・プランニング技能士をはじめとした500を超える資格をすべて独学で取得。年間50以上のペースで資格を取り続けている。資格試験の試験機関へのコンサルティング・プロモーション支援や、テレビのクイズ番組への問題作成支援などの活動も行う。近著に『効率よく短期集中で覚えられる 7日間勉強法』(ダイヤモンド社)がある。

6月に刊行されたばかりの新刊『効率よく短期集中で覚えられる 7日間勉強法』の著者・鈴木秀明さんと『現役東大生が教える「ゲーム式」暗記術』の著者・西岡壱誠さんによる東大×勉強法対談<前編>です。500を超える資格試験に合格している鈴木さんと、偏差値35の落ちこぼれから東大合格を果たした西岡さん。お二人の勉強法のヒミツを探ります。(構成:狩野南)

■ハードルを下げれば勉強も暗記も楽しくなる

西岡 鈴木さんは、東大の先輩というだけでなく、私が所属しているサークルの先輩 でもあるんですよね。今回お会いする前に一度ご連絡をいただいたとき、「今のサークルの方針について何か問題でもあるのかな?」って、思わずそちらのほうを心配してしまいました(笑)。

鈴木 大丈夫ですよ(笑)。たまたま『現役東大生が教える「ゲーム式」暗記術』を手にとってプロフィールを見たら、サークルの名前があったので連絡したんです。大学2年生でダイヤモンド社さんから本を出すなんて、すごい後輩だなぁと思って。

西岡 恐縮です(笑)。

鈴木 おもしろい暗記テクニックをたくさん紹介されていますね。漢字と英単語を同時に覚える方法とか、あとは“3日後の自分に問題を出す”というゲームも興味深かったです。
 
西岡 「タイムカプセル暗記ゲーム」ですね。

鈴木 私も、自分で問題を作って自分で問いてみることがよくあるので、問題の完成度が高ければ解けなくて悔しいし、解けたら解けたで作問側の自分としては悔しいというのは、「確かにそうだよなぁ」と思いながら読んでいました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)