成功するリサーチは 4Sを意識することから始まる!

成功するリサーチは 4Sを意識することから始まる!

『アナリストが教えるリサーチの教科書 自分でできる情報収集・分析の基本』高辻成彦著より

『アナリストが教えるリサーチの教科書 自分でできる情報収集・分析の基本』を上梓した、アナリストの高辻成彦さんに聞く、ビジネスリサーチの基本とは? 連載2回目の今日は、ビジネスリサーチの切り口となる「4S」と、分析のコツを紹介します。

■ビジネスリサーチのとっかかりになる「4S」とは?

 みなさんは、「4S」をご存知でしょうか。
 ビジネスリサーチでは、4つの切り口から、情報をおさえるのが効率的です。
 この4つの切り口を4Sと呼びます。

 具体的には、「Structure(構造)」、「Statistics(統計)」、「Share(シェア)」、「Strategy(戦略)」の4つです。

 リサーチをするときは、やみくもに調査を開始するのではなく、4Sを満たすことを意識すると、バランスのよいリサーチになります。

■Structure(構造)

 第1は、Structure(構造)です。構造とは、業界構造のことです。
 ある事業を調べるには、その業界の構造を把握する必要があります。

 たとえば、「製品やサービスの分類」、「用途別・地域別の分類」、「製品やサービスの製造・販売の流れ」、「規制動向」、「季節性」などです。

 業界によって、切り口は異なりますが、上に挙げた項目は調べておきたい基本項目です。

■Statistics(統計)

 第2に、Statistics(統計)です。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)