努力や勉強を続けられる人は、普通の人とマインドセットが違う

努力や勉強を続けられる人は、普通の人とマインドセットが違う

西岡壱誠(にしおか・いっせい)東京大学2年生。1996年生まれ。東大輩出者ゼロの無名校でゲームにハマり、落ちこぼれ、学年ビリに。偏差値35の絶望的状況から一念発起して東大を目指すも、現役・一浪と、2年連続で、箸にも棒にもかからず不合格。崖っぷちの状況で「ゲーム式暗記術」を開発し、みるみるうちに偏差値が向上。東大模試第4位になり、奇跡の東大合格をはたす。著書に『現役東大生が教える「ゲーム式」暗記術』がある。

6月に刊行されたばかりの新刊『効率よく短期集中で覚えられる 7日間勉強法』の著者・鈴木秀明さんと『現役東大生が教える「ゲーム式」暗記術』の著者・西岡壱誠さんによる東大×勉強法対談<後編>です。500を超える資格試験に合格している鈴木さんと、偏差値35の落ちこぼれから東大合格を果たした西岡さん。お二人の勉強法のヒミツを探ります。(構成:狩野南)

■ゲームは人生に置き換えられる!?

鈴木 私も西岡さんと同じくゲームが好きなのですが、ゲームって楽しいだけではなく、「自分のタスク、到達度が見える」というのが大きなポイントだと思います。レベルが15から20に上がるとか、ゲームクリアしたり、ゲームオーバーになってしまったり、自分の実力や到達点がはっきり目に見えますよね。資格試験も同じで、点数や合格不合格が明確にわかる。それが「見える化」されないまま、ただ漠然と勉強しているだけだと、なかなかモチベーションがわかないのではと思います。

西岡 「見える化」されると、自分のスタート地点、今いる場所も明確になりますよね。この先に進みたいけれどうまくいかないとなったら、じゃあなぜダメなのか、どうすればうまくいくのかを考えるじゃないですか。ゲームに置き換えると、すごくわかりやすいなと思って。それで、本のあとがきにも「暗記も、勉強も、試験も、そして人生すら、ゲームみたいなもの」と、はっきり書いてしまったんですけど(笑)。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)