ピアノの常識一変したサイレントピアノ、1号機に立ちはだかった壁

ピアノの常識一変したサイレントピアノ、1号機に立ちはだかった壁

「サイレントピアノ」開発チームの一員だった浦智行・楽器開発統括部ピアノ開発部ピアノ開発グループリーダー(右)と小関信也楽器・音響事業本部技術開発部バリューデザイングループリーダー。Photo by Masateru Akiyama

「自分が心から欲しいと思える楽器を作りたかった」──。4歳から始めたというピアノの鍵盤をたたく手を止め、ヤマハ 楽器・音響事業本部技術開発部バリューデザイングループリーダーの小関信也は、そう四半世紀前に思いをはせた。

 1993年秋、全世界でピアノの常識を一変させたヤマハの画期的商品「サイレントピアノ」。世界初のヘッドフォンを使った“消音”機能を搭載したアコースティックピアノである。

 92年に立ち上がったその開発チームに、最年少の27歳で抜てきされたのが小関だった。

「プレッシャーはありましたが、苦ではなかった。やっぱりピアノが好きだからですよね」(小関)

 開発チームの発足から約半年後、新たなメンバーが加わる。現在はヤマハ 楽器開発統括部ピアノ開発部ピアノ開発グループリーダーを務める、浦智行だ。

 浦は大学卒業後、家電メーカーにエンジニアとして入社したものの、3年後に「楽器を作りたいという夢を諦め切れず」にヤマハに中途入社。28歳だった92年当時は、自動演奏の電子センサー開発に携わっていた。だが、既成概念を根底から覆すアコースティックピアノの開発が始まったと知り、上司に異動を直談判したという。

「ヤマハには昔から、やりたい人にやらせるという社風があったから……」と浦は苦笑いする。

 開発チームの当初メンバー5人のうち、3人が定年退職を迎え、現在もヤマハに残るのは、この最年少コンビだけになった。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)