読んだ人の人生を一変させる1冊 本書の刊行は「暴挙」である。

読んだ人の人生を一変させる1冊  本書の刊行は「暴挙」である。

読んだ人の人生を一変させる1冊 本書の刊行は「暴挙」である。の画像

先ごろ発表された「ビジネス書大賞2017」や「ビジネス書グランプリ」にもノミネートされ、すでに5万部を売り上げている『いま世界の哲学者が考えていること』。同じく哲学書分野で異例の10万部を売り上げた話題のベストセラー『哲学用語図鑑』の編集者、斎藤哲也氏が本書を解説!

■本書の刊行は「暴挙」である。

 とんでもなく込み入った議論を展開している現代の哲学者たちの思想のエッセンスを取り出し、それらをトピックごとに配置して、一般読者にも理解できる平易な言葉で解説する。

 対象は「世界の哲学者」なのだから、高い咀嚼力だけでなく、広範な目配りも必要だ。そんな厄介な仕事を、誰が好んで引き受けるだろうか。

 しかもプラトン、デカルト、ニーチェといったビッグネームと違い、本書には、一般読者が知っているような名前はほとんどない。

 恥ずかしながら、その界隈で編集やライターの仕事をしている私だって、知らない哲学者がけっこういた。

 おそらく本書に登場する哲学者の翻訳書は、5000部も売れれば大ヒットだろう。そんな哲学者たちの議論を紹介する本が、ビジネス書の出版社から発刊されたというのだから、暴挙にも程がある。

 が、なんと、そんな本書が5万部以上売れているという。これはほとんど「事件」といっても過言ではない。たしかに『いま世界の哲学者が考えていること』というタイトルは上手いけれど、それだけで5万部も売れるとは思えない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)