落とすために作られている問題は、 重要だからこそ、問題にされている

落とすために作られている問題は、 重要だからこそ、問題にされている

落とすために作られている問題は、 重要だからこそ、問題にされているの画像

新刊『効率よく短期集中で覚えられる7日間勉強法』は、東大を独学で現役合格し、年間50以上、累計500超の資格を取得してわかった超合理的な方法を網羅しています。「時間をかけずに短期集中で勉強し、しっかり結果を出せる」――それが、「7日間勉強法」。どんな勉強にも応用できる、この短期集中のサイクルを一部抜粋して紹介していきます。

■×肢はなぜ×になっているのかを見る

 問題集の問題・解答・解説を見るときは、基本的に次のような順番で見ていきます。

(1)解答
 まず、○×や正解選択肢の番号を見ます。

(2)解説チラ見
 過去問をざっくりレビューしたときのようなイメージで、さらっと解説を一通り読みます。解説文中のキーワード、×肢の間違っている箇所などが太字になっていることが多いので、そこを軽くチェックしておきましょう。

(3)問題文
 軽くチェックした解説を意識しつつ、問題文を読みます。

(4)解説熟読
 最後に解説をじっくり読んでいきます。解答が○の場合、解説文にはそれほど詳しい情報は載っていません。ただ、問題文をそのまま正しい記述として覚えるだけです。

 むしろ注目したいのは、解答が×の場合です。どこがどう間違って×になっているのかというポイントをおさえたうえで、問題文と解説を読み込むようにします。

 この、正しい文章から改変されているポイントは、重要なところであり、問題になりやすいところです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)