成功するリーダーは、 「正しい信念」を持っている

成功するリーダーは、 「正しい信念」を持っている

成功するリーダーは、 「正しい信念」を持っているの画像

一流の経営者やリーダーは何をやっているのか? 人気コンサルタント小宮一慶氏の最新刊『経営者の教科書』(ダイヤモンド社)は、その20年以上の経験から成功する経営者・リーダーになるための極意をまとめた本です。本連載では、同書の中から抜粋して、成功するリーダーになるための考え方と行動について、くわしく解説していきます。

 経営者は「正しい」信念を持つことが大切です。「正しい信念を持つ」――この言葉の中には、キーワードが二つあります。それは「正しい」と「信念」です。

 世の中には正しくない信念だってあります。

「この会社は、俺のベンツを維持するためにある」「社長一族が繁栄するためにこの会社は存在する」というのも信念です。

 でも、正しい信念ではありません。それでは人はついてきません。

 そうした意味で、経営者にとって「正しい信念」を身に付けられるかは、とても重要なことなのです。

■勇気やエネルギーの源泉は「信念」

 経営者やリーダーが従業員や部下に厳しいことを言うには、勇気がいります。

 では、その勇気はどこから出てくるのでしょうか?

 私は、勇気は「信念」から生まれると考えています。つまり、この会社を良くして、お客さまに喜んでいただいて、働いてくれている人にも幸せになってもらおうという信念があれば、おのずと厳しいことも言えるのです。

 しかし、「しばらくの間、上手くいけばいい」とか「小言を言うと嫌がられるのではないか」といったような甘い考えでは、厳しいことは言えません。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)