「タレントとメディア関係者は読んだほうがいい」 ―はあちゅうさんは『「週刊文春」編集長の仕事術』をこう読んだ

「タレントとメディア関係者は読んだほうがいい」 ―はあちゅうさんは『「週刊文春」編集長の仕事術』をこう読んだ

はあちゅうブロガー・作家。1986年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。在学中にカリスマ女子大生ブロガーとして活躍。電通、トレンダーズを経てフリーに。『半径5メートルの野望』(講談社)など著作多数。

「週刊文春」の現役編集長が本を著したことで話題になった『「週刊文春」編集長の仕事術』(新谷学/ダイヤモンド社)。発売から約4ヵ月、未だにさまざまな方から感想が届いている。

作家のはあちゅうさんも本書に感想を寄せてくれた一人だ。著者の新谷氏とも面識があるという、はあちゅうさん。「刺されるなら新谷さんがいい」とまで言わしめる、著者の、そして本書の魅力とは何なのか? はあちゅうさんのインタビューをお届けする。(編集:新田匡央、写真:宇佐見利明)

■根本にあるのは「人をおもしろがらせたい」気持ち

――新谷さんとは一度ランチをご一緒されたとお聞きしました。お会いする前と後で、印象は変わりましたか。

はあちゅうさん(以下略):もう少しごっつくて、険しい方だと思っていました。会う前に持っていたイメージは幻冬舎の見城徹社長のような、背中に虎が乗っているような強い、どんとしたオーラを持った人です。でも実際にお会いすると、拍子抜けするくらい、威圧感がない。赤い炎と言うより青い炎というか……そして、思った以上に茶目っ気があり、チャーミングな方という印象を受けましたね。

 ただし、本の中にも「文春にやられたなら仕方がない」「君に書かれるならしょうがない」という記述がありますが、そう言われるような「人たらし」の匂いがしました。

 仕事柄、編集者という職業の方にお会いする機会があります。多くの方は情熱がたぎっていて、前のめりに言葉をぶつけてくる。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)