指摘や気づきを整理できていない人は「ドラフトメール」を活用しよう

外資系コンサルティングファームのマネジャーであり、月間20万PV超のビジネスブログ「Outward Matrix」の運営者でもある20代の若手コンサルタントShin氏の処女作『コピー1枚すらとれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術』が発売となる。本書のタイトルにあるように、もともとド落ちこぼれだったShin氏(落ちこぼれ時代のエピソードは、連載第1回をご参考ください)。彼はいったいどうやって、たった1年で外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで上り詰めたのか――。急成長を遂げる過程で、考えたこと、学んだこと、そして実践してきたノウハウについて、Shin氏に教えていただいた。

■「何度同じこと言わりゃ、気がすむんだよ!」

 ぼくは、上司からの指摘を吸収することが、とても苦手でした。「何度同じことを言わせりゃ気がすむんだよ!」と言われた回数は、もはや数え切れません。同じミスを1日に3回したときは、先輩のコブシがわなわなと震えていました。

 みなさんはいかがでしょうか? 「上司からの指摘? そんなの速攻で覚えられるよ!」と自信を持って言いきれる人であれば、これ以降を読む必要はありません。しかし、少しでも自分の吸収力に不安があるなら、手遅れにならないうちに改善する必要があります。

「吸収力」と聞いて私たちがよくやるのがメモを取ることです。メモを取ること自体はもちろんいいことです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)