三頭の怪獣「キングギドラ」とも言われたみずほの旧行意識を消した“劇薬”

三頭の怪獣「キングギドラ」とも言われたみずほの旧行意識を消した“劇薬”

日本中を見渡しても、ここまで社外取締役の権限を広げた会社はないというほどに、徹底したガバナンス改革を行った佐藤社長。その背景には、「二度と不祥事を起こさない」という不退転の決意があった Photo by Kazutoshi Sumitomo

2度にわたるシステム障害や提携ローンにおける反社会的勢力との取引など負の歴史を抱えたみずほ。企業体質を抜本的に変えるべく、佐藤康博社長が手がけた改革とは、どんなものだったのだろうか?

■謝罪に追われる中で考え抜いたみずほの抱えていた根本的問題とは?

 忘れもしない2013年9月、みずほは提携ローンにおける反社会的勢力との取引に関わる問題(以下、提携ローン問題)が表面化した。翌10月以降、私は2回国会に出向き、記者会見を5回行った。マスコミや関係者への対応とお詫びに追われる最中、私は頭の片隅でいつも考えていたことがあった。

 それは、「なぜ、みずほは何度も不祥事を起こしてしまうのか」ということだ。

 02年のシステム障害から始まり、11年には2度目のシステム障害、そして13年の提携ローン問題。たった十数年のうちに3度も大きな事件を引き起こしてしまった。

 みずほは、第一勧業銀行と富士銀行、日本興業銀行の3行が対等の立場で統合して誕生した。かつて、「週刊ダイヤモンド」に「みずほは頭が3つある怪獣“キングギドラ”だ」と書かれたこともあった。当時は持ち株会社のみずほフィナンシャルグループの傘下に、みずほ銀行とみずほコーポレート銀行という2つの銀行がぶら下がっており、この計3社のトップに旧3行出身がそれぞれ就任するという「3トップ制」だった。旧3行出身のトップがそれぞれの組織を率い、グループ横断の連携を深める改革ができなかったことこそ、不祥事が相次ぐ「真因」ではないかと私は考えたのだ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)