サントリーとユニ・チャーム「炎上するCM」の共通点

サントリーとユニ・チャーム「炎上するCM」の共通点

サントリーとユニ・チャーム「炎上するCM」の共通点の画像

 サントリーの新商品ビール「頂(いただき)」のPR動画が、「下品」「気持ち悪い」という批判を浴びて炎上している。サントリーは7月3日にこの動画を、特設サイト、YouTube、Twitterで配信開始したが、炎上騒ぎを受けて7日に配信停止にした。しかしここがネット社会の怖いところで、公式サイトからは削除されたものの、多くの人がYouTubeなどで勝手に配信しているため、いまだに閲覧できる状態にある。関心のある方は、検索して視聴してみてほしい。

 この動画の内容を簡単にお伝えすると、北海道、東京、神奈川、愛知、大阪、福岡の6都市を舞台に「出張先の飲み屋で偶然出会った若い女性と仲良くなって、飲食を共にする」という設定。全国各地の美女たちが、「2人っきりになっちゃいましたね」とか、「1週間前にフラれてしまって」とか、「肉汁、いっぱいでました」とか、男心をくすぐるようなセリフを投げかけるというものだ。

 この動画に対して、「気持ち悪い」「卑猥」「不快」「女性を商品化している」といった批判が殺到しているわけだが、5月にもユニ・チャームが展開する赤ちゃん用おむつブランド「ムーニー」のCMも炎上するなど、このところ企業CMの炎上騒ぎが続いている。当然ながら、企業は「炎上騒ぎ」は避けたいもの。そこで今回は、サントリーとユニ・チャームの事例をもとに、炎上騒ぎが起きてしまう要因を考えてみたい。

■「女性の商品化」「男の妄想」だけが炎上の理由なのか

 まずサントリーの件だが、ジェンダー論の学者を中心に多くの女性論客から寄せられている批判が「女性の商品化」という批判であり、「男の妄想を描いただけ」という指摘だ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)