「積極的で仕事ができる人」と「積極的でも仕事ができない人」の違い

外資系コンサルティングファームのマネジャーであり、月間20万PV超のビジネスブログ「Outward Matrix」の運営者でもある20代の若手コンサルタントShin氏の処女作『コピー1枚すらとれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術』が発売となる。本書のタイトルにあるように、もともとド落ちこぼれだったShin氏(落ちこぼれ時代のエピソードは、連載第1回をご参考ください)。彼はいったいどうやって、たった1年で外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで上り詰めたのか――。急成長を遂げる過程で、考えたこと、学んだこと、そして実践してきたノウハウについて、Shin氏に教えていただいた。

■「積極的で仕事ができる人」がやっていること

 落ちこぼれ時代のぼくには、歳も出身大学も同じ同期がいました。スペックが似ている彼は、どうしてもぼくの比較対象になってしまう存在でした。そして、ぼくがクライアントと話す機会すらもらえなかったのを尻目に、彼はどんどんそうした機会を得て、結果を出していきました。

「重要なクライアントとのミーティングでプレゼンを行う」「定期的に行われる評価で、最高評価を得る」「あるプロジェクトでは、チームリーダーとして全体をまとめる」……。ぼくが苦しんでいる間に、彼はそのような輝かしい成果を次々に出していったのです。

 なぜ、そのような差が出ているかは明らかでした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)