繁盛店はどのようにグルメサイトを 使い分けているのか?

繁盛店はどのようにグルメサイトを 使い分けているのか?

繁盛店はどのようにグルメサイトを 使い分けているのか?の画像

飲食店の予約/顧客台帳サービスとしてNo.1のシェアを誇る株式会社トレタの代表・中村仁氏に、飲食店向けのお勧めのITサービスを独断で選出し、解説してもらう連載です。
前篇に続き、今回は、飲食店もお客も満足する唯一のグルメサイトとして中村氏が絶賛する「ヒトサラ」が、実際にどのように使われているのかに迫ります。(構成:谷山宏典 写真:疋田千里)

■「ヒトサラ」導入店1 『銀座 よし澤』星付き料理人も満足する店舗ページのクオリティ

 ヒトサラのユーザーとして紹介する1店目は、銀座にある懐石料理の名店「銀座 よし澤」さんです。
 ミシュランガイド東京で4年連続で星を獲得した「ぎんざ 一二岐」を率いる吉澤定久さんが、次のステージを目指すべく2014年11月にオープンさせた店で、自らの名を冠していることからもこの店に懸ける思いの強さを感じます。店舗概要は次の通りです。

業態……日本料理・懐石
席数……カウンター7席、個室6名席/4名席
営業時間……ランチ 11:30〜14:30(L.O.12:30) ディナー 18:00〜23:00(L.O.21:00)/日曜定休
従業員数……6名
客単価……ランチ8000円、ディナー15000円
系列……ほか1店

 ITサービスを有効に活用するには、その土台として、お店の方の「こんな店を作りたい」という理想や目的意識が不可欠であることは、本連載でこれまで再三述べてきました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)