「ひとり」でいるほうが良い3つのメリット

「ひとり」でいるほうが良い3つのメリット

「ひとり」でいるほうが良い3つのメリットの画像

昨年3月に長年勤務していた東大病院という組織を離れ、現在はどこにも所属することなく、「ひとり」という状態を満喫している矢作直樹医師が、新刊『今を楽しむ』で率直に語った、「ひとりは寂しい」という世間の思い込みに振り回されることなく、ひとりであるという自由な時間を有意義に過ごす秘訣を紹介します。

■ひとりは寂しい、は思い込みに過ぎない

 昨年3月、私は15年間勤務していた東大病院を任期満了退官しました。

 所属していた組織を離れ、心の同志はいますが、物理的には「ひとり」で住んでいます。

 そんな、ひとりという状況で浮かぶのが、「孤独」という言葉です。

 一般的には、孤独にはネガティブなイメージで語られる面があります。その筆頭が「寂しい」イメージですが、「ひとりは寂しい」という一方的な感情を、私たちは幼い頃から他人に刷り込まれてしまってはいないでしょうか。

 私は現在、何よりも自由という喜びを感じています。その自由には、責任の所在も含まれています。

 いいことも悪いことも自分の責任である、ということが心地いいのです。

 これは「自立」と言い換えることもできるかもしれません。

 日々のすべてが自分の裁量というのは大きいことです。時間の使い方にしても、お金の使いみち、食事の選択にしても、すべてが自分の裁量にまかせられているのはありがたいものです。

 もっとも、病院に勤務していた時にも、直接干渉されるようなことはありませんでしたから、昔から自由にしていたといえばそうなのですが。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)