アルツハイマー病は発症の25年前から静かに進行する

アルツハイマー病は発症の25年前から静かに進行する

アルツハイマー病は発症の25年前から静かに進行するの画像

日本における認知症の人の数は2012年で約462万、25年には65歳以上の5人に1人にあたる約700万人となることが予測されています。国籍、性別、職業に関係なく誰でも発症の可能性がある国民病でありながら、「○○をすれば治る」「○○を食べれば予防できる」など誤解を招きかねない情報であふれています。そこで知っておきたい認知症の「基礎知識」を日本認知症学会・名誉理事の森啓先生に聞きました。

■認知症とは病名ではなく症状の総称

 記憶力、判断力、言語力、計画遂行能力など、さまざまな脳の認知機能が低下し、それまで獲得してきた知識や技術などが失われて日常生活に支障をきたす――。認知症とは病名ではなくこれら症状の総称で、多くは中核症状と行動・心理症状(BPSD : Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia)に大別されます。

 中核症状とは、脳細胞が破壊されることで起きる記憶障害、見当識障害、実行機能障害、失語、失認などです。夕飯に何を食べたか思い出せないのが加齢による「もの忘れ」だとすれば、夕食を食べたこと自体を忘れてしまうのが中核症状による記憶障害です。認知症の人が「今日は何月何日か」「目の前にいる人は誰か」がわからなくなるのも、自分が置かれている状況を認識する「見当識」能力が障害されるためです。

 BPSDは、不安、抑うつ、妄想、幻覚、徘徊(はいかい)、暴言、異食などで、中核症状をベースに、その人の性格、経験、生活環境、体調などにより異なります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)