“石田純一風”もOK、伊藤忠が服装規定を大胆改正した理由

“石田純一風”もOK、伊藤忠が服装規定を大胆改正した理由

岡藤正広社長自らが旗振り役となって脱スーツに乗り出した  Photo by Hiroki Matsumoto

 毎週金曜日を「脱スーツ・デー」として、カジュアルな服装での出勤を推奨する伊藤忠商事は7月14日、新しいドレスコードの見本となる服装の社内発表会を行った(写真)。

 6月中旬から「脱スーツ・デー」を始めたが、社員に具体的なコーディネートを知ってもらうため、約180人の希望者の中からモデルとなる社員を選定。伊勢丹新宿店のスタイリスト協力の下、伊藤忠の費用負担で服から靴まで全身コーディネートした。

 今回の社内発表会に登場したのは20代から50代までの男女10人。男性は白パンに明るい色のジャケットの爽やかな服装で、女性は鮮やかな色や花柄のブラウスなど、垢抜けた格好。何よりも目を引くのが男性社員の足元だ。社員7人の内4人が、くるぶし丸出しで素足に靴を履いたようにみえる、いわゆる“石田純一風”ファッションである。

 今回の「脱スーツ・デー」に伴い、毎週金曜日のドレスコードは従来から大きく改定された。

 従来は禁止されていたポロシャツ、カーゴパンツ、スニーカー、ジーンズ(ただし破れ加工したものやオーバーオールは不可)などを解禁。また、着こなし方は、くるぶしが出るようなズボンのロールアップは可能。行き過ぎれば「チャラい」格好になりかねないが、その辺りは「TPOをわきまえた仕事着で」(伊藤忠商事)とのこと。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)