問題を見て、覚えた知識をいかに「思い出せる」か

問題を見て、覚えた知識をいかに「思い出せる」か

問題を見て、覚えた知識をいかに「思い出せる」かの画像

新刊『効率よく短期集中で覚えられる7日間勉強法』は、東大を独学で現役合格し、年間50以上、累計500超の資格を取得してわかった超合理的な方法を網羅しています。「時間をかけずに短期集中で勉強し、しっかり結果を出せる」――それが、「7日間勉強法」。どんな勉強にも応用できる、この短期集中のサイクルを一部抜粋して紹介していきます。

■「覚える」だけではなく、「思い出せる」ことに重点を置く

 どんなに知識を吸収し、記憶にとどめていたとしても、いざ試験問題を目の前にしたときにそれが思い出せなかったら意味がありません。ただ「覚える」だけではなく、「思い出せる」ことに重点を置く必要があるのです。

 試験当日は、普段とは違う緊張した状況のなか、何十問も問題を解いていかなくてはなりません。私も数々の試験を受けてきましたが、これは本当に疲れることだと毎回思います。途中で集中力が途切れ、わかっているはずの問題が解けなくなってしまうこともあります。一問一問にかける時間を極力短くすることが重要なので、問題を見た瞬間にパッと答えを思い出せるようにするため、思い出す訓練をしておきましょう。

■「覚えたつもり」をなくす

 今勉強したばかりの内容を、本を閉じて暗唱できるか試してみましょう。本を見ながら勉強していると、「覚えたつもり」になってしまいがちです。「たった今やっていたのだから当然覚えているだろう」と思っていても、何もない状態では意外と出てこなかったりするものです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)