「目標を立てるだけ」で終わってしまう人に足りないこと

「目標を立てるだけ」で終わってしまう人に足りないこと

「目標を立てるだけ」で終わってしまう人に足りないことの画像

外資系コンサルティングファームのマネジャーであり、月間20万PV超のビジネスブログ「Outward Matrix」の運営者でもある20代の若手コンサルタントShin氏の処女作『コピー1枚すらとれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術』が発売となる。本書のタイトルにあるように、もともとド落ちこぼれだったShin氏(落ちこぼれ時代のエピソードは、連載第1回をご参考ください)。彼はいったいどうやって、たった1年で外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで上り詰めたのか――。急成長を遂げる過程で、考えたこと、学んだこと、そして実践してきたノウハウについて、Shin氏に教えていただいた。

■達成できないのは「必要な行動」がわからないから

 以前の記事で、正しい目標設定について「定量化(数値化)」することが大切だとお伝えしました。ただし、どんなにすばらしいゴールを掲げても、そのために何をすべきかわからなければ、結局何もせずに終わってしまいます。

 ですから、定量化して終わるのではなく、それを達成するために具体的には何をすればいいのか「アクション(行動)を定義すること」が重要になってくるわけです。たとえば、「TOEICで900点以上を取る」という定量化した目標の「アクション」を考えてみましょう。

 アクションに落とし込むときに必要なのは、なるべく細分化して考えることです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)