「40代ひとり暮らしが日本を滅ぼす」NスペのAI提言は本当か

「40代ひとり暮らしが日本を滅ぼす」NスペのAI提言は本当か

写真はイメージです

 7月22日(土)に放送されたNHKスペシャル『AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン』がネットをざわつかせている。AIといえば、囲碁や将棋で人間に勝ったとか、レンブラント風の絵を描いたとか、いまの仕事の半分がなくなるとか、ビジネスをどこまで変えるかとか、そんな話ばかりで、社会をどう変えるのかについてはあまり語られてこなかった。

 今回、NHKは独自のAIを開発し、「AIがどこまで社会課題の解決に役立つのか」に挑戦した。この試みは非常におもしろいし、有益だと思う。志の高さも評価したい。ただ、内容と表現に多少の難があり、それがネットをざわつかせ、ちょっとした炎上騒ぎになっているのだが、今回はそのあたりを検証しながら、AIがどこまで社会課題の解決に役立つのかを考察してみたい。

■「AIひろし」が導き出した常識外れの5つの提言

 AIが社会課題に挑むときの利点は2つある。ひとつは、AIならではの「人間では到底不可能な、膨大な量のデータを分析できる」こと。もうひとつは、「人間が持つ感情バイアス、思想バイアスを完全に払拭できる」ことだ。現在のAIには「忖度」という概念がないので、人間社会の都合など関係なく、冷徹な結果を出してくる。

 ビジネスシーンと違って、社会課題と向き合うとき、人間は多分に感情バイアス、思想バイアスが働いてしまう。以前、アフリカ出身の女性エコノミストが、アフリカの貧困をなくすためには経済的援助を止めることだと主張する本を書いて世界中で大激論になったことがあるが、その説がいくら論理的に正しくても、途上国の貧しい人々に感情移入してしまっている人たちにはなかなか冷静な議論ができない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)