なぜ人は「ギャンブル」というゲームが好きなのか?

なぜ人は「ギャンブル」というゲームが好きなのか?

なぜ人は「ギャンブル」というゲームが好きなのか?の画像

「一流」になるために磨くべき、「人間関係」・「仕事」・「運」・「お金」・「自由」・「生き方」とは。映画監督、ライフスタイル・プロデューサー、生活探検家と、幅広く活躍する浜野安宏(はまの・やすひろ)氏による「提言」を、書籍『一流の磨き方』より、一部、抜粋して紹介する。「本物」を知る人だけが、本物になれる!

■ギャンブルの真理は、「自分の精神とのにらみ合い」

 私は、仕事も遊びも、「マインドフル」のほうが楽しいと考えています。

 マインドフルとは、私の感覚では「自分の心の状態に注意を向けていること」だと思っています。

 私は、ハイローラー(高額な賭け金で遊ぶギャンブラーのこと)と呼ばれる人たちと、アメリカのカジノに行ったことが、何度かあります。

 強いハイローラーに共通しているのは、「欲をかかないこと」です。

 私はハイローラーのひとりから、次のようなアドバイスをもらいました。

「一度に大儲けしようとせず、10ドルを20ドルにして、20ドルを40ドルにして、40ドルを80ドルにして……と、少しずつ儲け金を積み上げていくことを考えなさい」

 ハイローラーと聞くと、一度に高額な賭け金を投じるイメージがありますが、実際は、そうではありません。最初の賭け金は、一度に、100ドル程度でした(それでも十分に高額ですが)。

 そして、100ドルを200ドルに増やし、200ドルを400ドルに増やし、400ドルを800ドルに増やし…、と少しずつ増やしていき、5000ドルまで増やしたら、今度は5000ドルを1万ドルに増やすのではなく、「もう一度、100ドルから賭け直す」のです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)