閉会中審査で加計問題を議論 「証拠なき否定」と報じたメディアに"悪魔の証明"と指摘

閉会中審査で加計問題を議論 「証拠なき否定」と報じたメディアに"悪魔の証明"と指摘

記事まとめ

  • 閉会中審査で加計学園問題が議論されたが、「加計疑惑、証拠なき否定」と一部メディア
  • しかし、ないことの証明は困難であるため「否定する者に挙証責任はない」とのこと
  • 証拠を提示する挙証責任は、存在を主張する一部メディア側にあるとのこと

加計問題で「行政が歪められた」証拠を示すのは野党・マスコミの責任だ

加計問題で「行政が歪められた」証拠を示すのは野党・マスコミの責任だ

Photo:日刊現代/アフロ

 国会では、24日(月)と25日(火)に閉会中審査が行われ、加計学園問題などが議論された。これに対して、一部メディアでは「加計疑惑、証拠なき否定」と報じられている。これはいわゆる「悪魔の証明」である。つまり、ないことの証明は困難であるので、法のことわざとして、「否定する者には、挙証責任はない」がある。

 加計学園問題では、一部メディアが、安倍首相と加計学園理事長との個人的な関係を根拠として「総理の意向」が働いたはずとの主張をした。この場合、証拠を提示する挙証責任は、存在を主張する一部メディア側にある。それを否定する側に証拠を求めてはいけない。

■文科省内メモに証拠能力はない特区会議議事録など見れば真実わかる

 本コラムでは、これまで「文科省内メモ」は証拠能力がないこと、文科省の内閣府で合意済みで証拠能力のある公表された特区会議議事録から見れば、文科省メモや前川前文科事務次官の発言は誤りが多いことを指摘した。

 その後、当事者である国家戦略特区会議委員の記者会見、加戸・前愛媛県知事の国会証言、京都産業大や京都府知事の記者会見、獣医師会会長の発言などで、筆者の言ってきたことが正しかったことがわかっていただけたと思う。

 これらのうち一部は、以下のサイトで確認できる。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)