小池百合子と蓮舫の明暗を分けた「ドン底経験」と「計算高さ」

小池百合子と蓮舫の明暗を分けた「ドン底経験」と「計算高さ」

東京都の小池百合子知事と、民進党の蓮舫代表の“差”はどこにあるのか  Photo:Rodrigo Reyes Marin/AFLO

東京都議選で圧勝し、政党まで立ち上げ勢いに乗る東京都の小池百合子知事。一方、都議選に惨敗、自らの国籍問題で揺れる民進党の蓮舫代表。同じ女性政治家にもかかわらず明暗がくっきりと出た背景には、経験と戦略の違いがあった。(ジャーナリスト 横田由美子)

 安倍政権の支持率が、とうとう危険水域の3割を切った。

 毎日新聞が7月24日に配信した世論調査によると、安倍内閣の支持率は、前月比10ポイント減の26%、不支持率は同12ポイント増の56%となり、いわば「街行く人の2人に1人が政権に石を投げている状態」(官邸関係者)となった。

 秘書に対する「このハゲー」発言で話題なった豊田真由子、公用車で子どもを送迎していた疑惑を持たれた金子恵美、不適切発言の連発に加え、陸上自衛隊内の文書について「虚偽答弁」を行った事実まで浮上した防衛大臣の稲田朋美、さらには昨年獲得した党員数がわずか2人にとどまり「謝罪」を述べた五輪担当相の丸川珠代ら“安倍ガールズ”たちが次々と起こす不祥事に、安倍首相の顔色は日に日に悪くなるばかりだ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)