子どもに伝えたい!必ず目標を達成するための「5つのステップ」



 アンビシャス・ターゲット・ツリーを使うことにより、大きな目標をどう設定するか、その目標を達成するためにはどんな障害があるか、それらの障害をどう乗り越えていくか、が具体的につかめるようになります。そして、これから紹介する「5つのステップ」を実践することで、描いた夢を実現できるようになります。

■目標を達成するための「5つのステップ」

 アンビシャス・ターゲット・ツリーを使った目標達成のステップは、次の5つです。

(1) 大きな目標を定め、具体的な言葉にする
(2) 目標の前に立ちはだかる障害をリストにする
(3) 障害を乗り越えた先の中間目標を決める
(4) 中間目標を取り組む順番に並べる
(5) 中間目標達成の具体的な行動を決める

 ここでは、各ステップの使い方を実例を交えながら説明します。ご紹介するのは、プロの俳優を目指している男子高校生の話です。

 この高校生は、学校ではダンスサークルに所属し、放課後は劇団に行き、演技の練習を毎日続けていました。俳優の卵である彼にとって、映画やテレビドラマで役をもらうための絶好のチャンスとなるのがオーディションです。しかし、採用は狭き門。そんな彼と、目標達成のステップにそって会話を進めました。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)