TOEIC高得点のカギを握る! パート7(長文読解)の勉強法

15年間、TOEICテストを毎回受験しているTOEICのカリスマ講師で、『TOEIC L&R テスト パート7攻略 ――中村澄子のリーディング新・解答のテクニック』を出版した中村澄子先生に聞く、TOEIC攻略のコツ。連載1回目は、パート7(長文読解問題)についてです。

■苦手な人が多いTOEICの長文読解問題

 私が、TOEICテストを毎回受け続けて15年になります。

 東京の八重洲で、TOEICの教室を始めて12年、それ以前にも単発のセミナーを行ったり、企業研修を行っていたので、合わせると20年近く、TOEICを教え、ビジネスパーソンを中心に、多くの人の点数アップに貢献してきました。

 おかげ様で、今までに出したTOEIC関連の本も、累計で110万部になります。

 この連載では、TOEIC(L&R リスニング&リーディング)テストのノウハウをお伝えしたいと思います。
 今日は、特にパート7(長文読解問題)について、解説しましょう。

 2016年5月に、TOEIC(L&R)はテスト内容の10年ぶりの改変があり、仕事で英語を使う人にとっては、非常に良いテストになりました。
 一方で、英語初学者にとっては、より厳しいテストに変わり、何から手をつけていいのかわからず、うろたえている人も多いようです。

 TOEICは、リスニングセクション(パート1〜4)とリーディングセクション(パート5〜7)で構成されています。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)