2035年には男性の3人に1人が結婚しない! 人口減少とお金の話

2035年には男性の3人に1人が結婚しない! 人口減少とお金の話

2035年には男性の3人に1人が結婚しない! 人口減少とお金の話の画像

身近な人に教えられる「お金の常識」はもう古い!
30代以下のみなさん、親から言われてきたお金の常識は、今やまったく役に立たないのはご存じですか?
預金金利が0.001%の現在、一方、親世代や、祖父母の世代は、預金金利がなんと7%もあり、貯金をして家を買っておけば、自然に資産が増やせるような、何ともうらやましい経済成長時代だったのです。
今や、人口も減って、高齢化が進む、経済の成熟期を迎えた日本で、親から教わったお金の常識を信じていると将来必ず後悔します。新しいお金の常識を、お金のプロがセキララに語る連載です。

 第1回でお伝えした通り、これからの時代、
親やその親(祖父母)世代の常識とは逆の行動をしなくてはなりません。

 つまり 「貯金ではなく、投資をしよう」 「家は買わなくていい」 「保険は入らなくていい」  というのが、現代の正しい考え方であると私は思います。

 経済面からみてみましょう。例えば、給与。

 1990年の給与所得者の平均年収は425万2000円。1998年には468万8000円まで増えましたが、そこから減少傾向をたどるようになり、2015年で420万4000円ですから、未だにバブルピーク時1990年の平均年収を超えられていません。

 27年間、ほぼ給与水準が変わらない、これを経済の世界では「成熟経済」と称します。国の経済を一人の人間に喩えるならば、年齢が若く、身体能力的にどんどん成長している時期は終わったのです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)