難しい話、長い話、インパクトのある 話のあとは2度深呼吸する

難しい話、長い話、インパクトのある 話のあとは2度深呼吸する

難しい話、長い話、インパクトのある 話のあとは2度深呼吸するの画像

新刊『心に届く話し方 65のルール』では、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説しています。
今回の連載で著者がお伝えするのは、「自分をよく見せることを第一に考える話し方」て?はなく、「聞いている人にとっての心地よさを第一に考える」話し方です。本連載では、一部抜粋して紹介していきます。

■インパクトのある話のあとには、余韻=間が必要

 間を入れることで、聞いている人が考えたり次の中身を期待するだけの時間を聞き手に与えることができ、その時間が話が聞き手の心により深くしみこむ力になっているとお伝えしました。こうした間が、「特に必要な場面」がいくつかあります。

 それは、難しい話や長い話のあとです。こうした話を聞いているほうは、聞いたばかりの情報を頭の中で反芻したり整理したりするための時間がいつも以上に必要です。しかし、話す側は、なかなかそれができません。というのも、難しい話や長い話などをわかりやすく話すのは疲れるため、話し終わるとほっとして次の話題をすーっと始めたくなるものだからです。そのままなんとなく話を始めてしまうと、聞いている人はその話を消化できないまま次の話を聞かされることになり、イライラをつのらせるおそれが出てきます。

 また、聞き手に感心したり、驚いてもらいたいようなインパクトのある話のあとも、間はいつも以上にあったほうが効果的です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)