これからの時代 貯金をしてはいけない理由

これからの時代 貯金をしてはいけない理由

これからの時代 貯金をしてはいけない理由の画像

身近な人に教えられる「お金の常識」はもう古い!
30代以下のみなさん、親から言われてきたお金の常識は、今やまったく役に立たないのはご存じですか?
預金金利が0.001%の現在、一方、親世代や、祖父母の世代は、預金金利がなんと7%もあり、貯金をして家を買っておけば、自然に資産が増やせるような、何ともうらやましい経済成長時代だったのです。
今や、人口も減って、高齢化が進む、経済の成熟期を迎えた日本で、親から教わったお金の常識を信じていると将来必ず後悔します。新しいお金の常識を、お金のプロがセキララに語る連載です。

■今の時代、貯金をしてもお金は増えない

 夏休み、田舎に行ったり、祖父母に会ったりして、お小遣いをもらう子どもも多いことでしょう。
そして親から言われる、決まったセリフが「ちゃんとお小遣いを貯金しておきなさいよ」。

 みなさんも小さい頃に言われたり、親であれば子どもに言ったりしているのではないでしょうか? 
 これはこれである意味、とても大事な家庭教育で、今の日本人の貯蓄志向の高さは、こうした子供の時期からの体験にあるのではないかと考えられます。

 実際、日本人がどれだけ貯金好きなのかは、個人金融資産の内訳を見ればはっきり分かります。2017年3月17日に日本銀行が発表した「2016年第4四半期の資金循環統計(速報)」によると、2016年12月末時点の個人金融資産は、総額で1800兆円。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)