TOEICのリスニングで 点数が伸びない人は これをやりなさい!

15年間、TOEICテストを毎回受験しているTOEICのカリスマ講師で、長文読解問題の攻略法をまとめた『TOEIC L&R テスト パート7攻略 ――中村澄子のリーディング新・解答のテクニック』を出版した中村澄子先生に聞く、TOEIC攻略のコツ。連載2回目は、リスニングセクション(パート1〜4)についてです。

■単語はまあまあ聞こえても話の流れがわからない人の特徴

 多くの人にとって、TOEICで大幅な得点アップが期待できるのは、リスニングセクション(パート1〜4)です。

 リーディングセクションのパート5(文法問題)から勉強を始める人が多いのですが、得点の計算方法の関係で、リスニングセクションの方が、短期間に大きく点数を上げやすいのです。

 中でも、パート3が点数アップの要です。
 細かい違いはありますが、大まかに言えば、パート3ができればパート4もできるので、パート3の勉強をしっかりすることが大切です。

 パート3が39問、パート4が30問。
 パート3とパート4を合わせると、リスニングセクション全問題100問中69問と、約7割を占めます。ここでしっかり得点を稼いでおきましょう。

 ただし、リーディングセクションの点数が300点以下の人は要注意です。
 リーディングが苦手な人は、リスニングセクションのパート4には苦労すると思います。

 読んでわからない文は聞いてもわかりませんから、リスニングセクションでも読解力は重要なのです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)