「あいつはデキる」と評価される若手がやっていること

処女作『コピー1枚すらとれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術』が話題沸騰のShin氏。外資系コンサルティングファームのマネジャーであり、ビジネスブログ「Outward Matrix」の運営者でもある彼は、本書のタイトルにあるように、もともとド落ちこぼれだった(落ちこぼれ時代のエピソードは、連載第1回をご参考ください)。彼はいったいどうやって、たった1年で外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで上り詰めたのか――。急成長を遂げる過程で、考えたこと、学んだこと、そして実践してきたノウハウについて、Shin氏に教えていただいた。

■「使えねぇなー」と思われる人がやってしまいがちなこと

 ぼくのような若手には、仕事を進めるうえで、わからないことを上司に質問・相談する機会が多くあります。このとき、たくさん質問・相談するのはいいのですが、上司と良好な関係を築き、「デキるやつだ」と思ってもらうためには、守るべき「質問の作法」があります。まず、やってはいけない質問は、次のようなアバウトなオープンクエスチョンです。

「クライアントからこんな問合せが来ましたが、返信はどのようにしましょう?」

 オープンクエスチョンとは、イエス・ノーで答えられない質問のこと。こんな質問を毎回ぶつけられたら、あなたが上司だったらどう思うでしょう? 

 ――そうです。「少しは自分で考えろよ!」です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)