基本は相手の話に乗る。ダメな場合、 自虐ネタをえさとして撒く

基本は相手の話に乗る。ダメな場合、 自虐ネタをえさとして撒く

基本は相手の話に乗る。ダメな場合、 自虐ネタをえさとして撒くの画像

新刊『心に届く話し方 65のルール』では、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説しています。
今回の連載で著者がお伝えするのは、「自分をよく見せることを第一に考える話し方」て?はなく、「聞いている人にとっての心地よさを第一に考える」話し方です。本連載では、一部抜粋して紹介していきます。

■「自分の話題をえさとして撒く」作戦

 相手を観察したり、目につくものなどどんなにアンテナを張り巡らせたりして会話を進めようとしてもうまくいかないこともときにはあります。そのときは、しかたがありません。「自分の話題をえさとして撒く」作戦に出ましょう。

 今までご紹介した相手の情報を話題のヒントにするやり方を、立場を変えて自分の情報を話を広げるためのヒントにするのです。そのときの注意点は一つ。自分のことを話すため、それが過剰だと相手に不快感を持たれるおそれがあります。そうなるのを防ぐため、少しずつ控えめに相手に自分の情報を提供していくのです。その場合の内容も自慢よりは、自虐的な話題を言っておくと相手に不快な思いをさせるおそれはさらに減ります。

 例えば、「いやぁ暑いですね。実は最近太りましてね。スポーツでもやろうと思っているのですが、なかなか…」とか、「弊社は社屋は大きいんですが実は老朽化が進んでいて、先日も渡り廊下が雨漏りになりまして…」などちょっと情けないことを打ち明けるように言ってみるのです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)