成功するのは、「自信」のある人ではなく 「不安」を味方につけた人である。

いまメディアで話題の「マレーシア大富豪」をご存じだろうか? お名前は小西史彦さん。24歳のときに、無一文で日本を飛び出し、一代で、上場企業を含む約50社の一大企業グループを築き上げた人物。マレーシア国王から民間人として最高位の称号「タンスリ」を授けられた、国民的VIPである。このたび、小西さんがこれまでの人生で培ってきた「最強の人生訓」をまとめた書籍『マレーシア大富豪の教え』が刊行された。本連載では、「お金」「仕事」「信頼」「交渉」「人脈」「幸運」など、100%実話に基づく「最強の人生訓」の一部をご紹介する。

■「不安」だから必死になり、そこに気迫が生まれる

「小西さんは、自信にあふれてますね」
 ときどき、そんなふうに言われることがあります。しかし、そのように言われると、いつも戸惑いを覚えます。30代の頃から日本の大企業のサラリーマンに「小西さんと向き合うと、すごい風圧を感じる」といったことをよく言われたので、もしかしたら、そのように見えるのかもしれませんが、内実はまったく異なるからです。

 実際には、そう見えるだけなのです。「私は自信がある」と多少なりとも思えるようになったのは、ここ数年のこと。70年以上生きてきて、悲喜こもごも豊富な経験をし、ようやく「多少のことがあっても乗り越えていける」と思えるようになった。それまでは、いつも不安でした。不安だから必死で考え、必死で働く。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)