無理なく、ギャンブルでもなく 手間もかからないお金の増やし方

無理なく、ギャンブルでもなく 手間もかからないお金の増やし方

無理なく、ギャンブルでもなく 手間もかからないお金の増やし方の画像

身近な人に教えられる「お金の常識」はもう古い!
30代以下のみなさん、親から言われてきたお金の常識は、今やまったく役に立たないのはご存じですか?
預金金利が0.001%の現在、一方、親世代や、祖父母の世代は、預金金利がなんと7%もあり、貯金をして家を買っておけば、自然に資産が増やせるような、何ともうらやましい経済成長時代だったのです。
今や、人口も減って、高齢化が進む、経済の成熟期を迎えた日本で、親から教わったお金の常識を信じていると将来必ず後悔します。新しいお金の常識を、お金のプロがセキララに語る連載です。

■お金を増やすには投資信託がいちばん!

 この連載では、「貯金はするな」、「保険は入るな」という主張がなぜなのかを、ご説明してきました。
 それらをやめて浮いたお金をどうするか。
 ここで、具体的なお金の殖やし方について説明していきましょう。

 若い人たちでも無理なく、ギャンブルにならない、正しい資産運用をするためのツールとしては、やはり投資信託が最適だと思います。私が投資信託会社の社長をしているから、そのように言うわけではありません。いや、自分自身が投資信託を素晴らしい投資手段だと思っていますが、本当にいい商品がなかった。だからこそ、私はクレディセゾンの社内起業という形で、セゾン投信を立ち上げました。

 なぜ、資産運用は投資信託が良いのか。理由は以下の3つです。
 第一に、少額資金からスタートできること。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)