「体調が悪いから会社に行けない」というのはウソ?

「体調が悪いから会社に行けない」というのはウソ?

「体調が悪いから会社に行けない」というのはウソ?の画像

『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』が8月30日にダイヤモンド社から発売されたことを記念して、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を特別公開します。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてください。

■感情や症状には、つねに「目的」がある

 会社に行こうと電車に乗ると急激に不安が襲ってきて会社に行けない、という不安症があります。アドラーはその症状をこう喝破しました。

「不安だから外出できないのではない。外出したくないから不安を作り出しているのだ」

 不安という原因により行動が規定されるのではなく、逆に目的が先にある。会社に行きたくない、という目的を実現するために、不安を作り出しているのだ、というのです。

 では、なぜ会社に行きたくないのでしょうか? 理由は人により様々です。会社で同僚に比べて成績が悪い場合、これ以上負けを認めたくない、と思うことが原因かもしれません。また、上司から厳しく叱責されるのが恐くて会社に行きたくないのかもしれません。どのような理由にせよ、目的が先にある。それがアドラーの考える「目的論」なのです。

 赤面症も同じように考えることができます。赤面症だから彼ができないのではありません。彼を作ることが恐いので赤面症になっているのです。彼を作るためには、こちらから告白をしなくてはいけないかもしれません。その場合、振られてしまう、というリスクが伴います。それが恐いのです。また、つきあってみたら幸せな交際ではなく不幸になってしまうかもしれません。また、できた彼が友人の彼よりも劣って見えるかもしれません。このようなリスクに恐怖を感じると人は赤面症を作り出す。目的が先にあるのです。

※本連載は日曜日以外の毎日更新します。

1

関連記事(外部サイト)