日本の港に千載一遇のチャンス!国際的な船の燃料補給拠点に?

日本の港に千載一遇のチャンス!国際的な船の燃料補給拠点に?

日本の港に千載一遇のチャンス!国際的な船の燃料補給拠点に?の画像

船の給油拠点として輝くシンガポールを、指をくわえて見ているしかなかった日本。しかし国際的な環境規制の強化が決まり、「クリーンなLNGへの燃料シフト」という千載一遇のチャンスが巡ってきた。LNGの輸入大国である日本は、燃料補給の一大拠点としての地位確立を狙っている。(「週刊ダイヤモンド」編集部 新井美江子)

 LNG(液化天然ガス)バンカリング拠点の形成促進──。8月末、国土交通省が2018年度予算の概算要求に盛り込んだ一つのメニューに、海運・造船業界が沸き立った。

 LNGバンカリングとは、船にLNGを燃料として補給すること。ある国交省幹部が「日本をLNGの補給ハブに押し上げることは悲願だ」と言い切るように、かねて、国交省では横浜港をモデルケースにLNGバンカリング拠点を整備しようと検討会を進めていた。

 今回盛り込まれた予算の詳細は未定だが、「LNGバンカリング拠点創設に必要な費用の3分の1に補助金が付く」(海運関係者)方向で検討されている。補助金の大盤振る舞いに、海運・造船業界は大きな期待を寄せている。

 これまで、船舶燃料のメーンは「C重油」と呼ばれる硫黄分の濃度が高い油だった。そして、重油の補給拠点として確固たる地位を築いているのはシンガポール港である。

 実際、シンガポール港には船の燃料油の約2割を扱う世界ナンバーワンの実績がある。東西の船が行き交う交通の要衝であるシンガポールは、大規模な製油所を整備して安い重油を用意するなど、地の利を生かした施策を講じてきた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)