夫や妻、彼氏、彼女を「嫉妬」で動かそうとすると、なぜ失敗するのか?

夫や妻、彼氏、彼女を「嫉妬」で動かそうとすると、なぜ失敗するのか?

夫や妻、彼氏、彼女を「嫉妬」で動かそうとすると、なぜ失敗するのか?の画像

『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』が8月30日にダイヤモンド社から発売されたことを記念して、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を特別公開します。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてください。

■大人なら理性的に話し合え

 感情表現による目標達成は赤ん坊時代の名残でしかありません。決して大人が使う方法ではないのです。しかし、幼少期に感情で人を動かすことに味をしめた人が、大人になっても過去の成功パターンを繰り返す場合があります。

 たとえば、夫の関心を引きつけるために嫉妬という感情を使う妻がいます。しかし、この嫉妬があまりに繰り返し利用されると、夫がそれを嫌になり、結果として妻のもとを去ってしまうことになるでしょう。これはまさに、幼少期の成功パターンが大人になってからはうまくいかなかった例と言えます。

 そうではなく、理性で相手を説得する方法こそが、大人の目標達成方法といえるでしょう。私たちは言葉を用いて理性的に話し合い、互いに利益がある結果を手にすることができます。相手の力を借りながら、自分も相手の力になる。力を合わせて協働することで、互いに目標を達成することができるのです。何も、泣いたり、わめいたり、嫉妬をして、感情でむりやり人を動かすことだけが唯一の方法ではないのです。

 また私たちは、子供時代とは違い、自分自身で問題解決をし、目標を達成する能力を持っています。他人を動かさなくても、自分一人でもできることは数多くあります。自分自身の責任は自分で果たす。これが大人社会の基本的なルールです。「自分でやると失敗するかもしれないから、誰かにやってほしい」。そう思う人は社会の中で孤立することでしょう。

※本連載は日曜日以外の毎日更新します。

1

関連記事(外部サイト)