あの人の話し方は、なぜ耳ざわりに感じるのか?!

あの人の話し方は、なぜ耳ざわりに感じるのか?!

あの人の話し方は、なぜ耳ざわりに感じるのか?!の画像

新刊『心に届く話し方 65のルール』では、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説しています。
今回の連載で著者がお伝えするのは、「自分をよく見せることを第一に考える話し方」て?はなく、「聞いている人にとっての心地よさを第一に考える」話し方です。本連載では、一部抜粋して紹介していきます。

■「必要のない口癖、動き」をチェックしてみよう

 プレゼンテーションなど比較的難しい話を理解してもらうのにあたって、特に気をつけるべきポイントがあります。それは、あなたの話を理解するのに邪魔になるような情報(今後はノイズと言います)を出さないようにすることです。どんなノイズがあるかあげていきましょう。

 まず聞いていて理解するのに邪魔になるのは、「言わなくてもいい口癖」です。代表的な口癖といえば、話し始めのときに言いがちな「え〜」ですよね。この「え〜」はいつも悪いというわけではありません。じっくり考えている場合や、聞いている人のことを考えてしっかり間をとるために言うなど「意味を持った」場合でしたら、それほど気にならないものです。

 耳障りになるのは、「特に意味を持たないことば」。あるいは、「そうした同じことばを連発する」場合です。つまり、何の考えもなく「無意識で」「頻繁に」言ってしまっていることばが「ノイズ」になるのです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)