フジ「保毛尾田保毛男」騒動に思う “当事者不在の正義”の怖さ

フジ「保毛尾田保毛男」騒動に思う “当事者不在の正義”の怖さ

Photo by Naoyoshi Goto

 フジテレビがまた批判にされされている。今回は、「LGBTQ(※)に対する差別」騒動だ。『とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP』で登場したキャラクターが「性的マイノリティに対する差別表現だ」として批判が殺到。フジテレビの宮内社長が記者会見で謝罪する騒ぎとなった。

(※)LGBTQの「Q」は「Questioning」のQで、自分がどちらの性か分からない人たちのこと。欧米メディアでは最近、このような表現をすることが増えているので、僕もこの表現を使っている。

 性的マイノリティに対する差別的表現は、いまでは人種差別、障害者差別と並んで、マスメディアが最も留意すべき課題となっており、とくに地上波キー局のゴールデンタイムの番組は社会に対する影響力も大きいだけに、特段に慎重に向きあうべきであるし、うっかりでも差別的な表現を垂れ流してしまえば、批判の集中砲火を浴びることは当然だ。しかし、今回のフジテレビ批判、番組批判を見ていると、フジテレビやこの番組を「差別だ!」と批判している人たちに対して、ある種の違和感、それも怖さを孕んだ違和感と危惧を感じている。そこで今回は、この違和感について書こうと思う。

■なぜ番組は、このネタをあえて放送したのか

 まず、番組を見ていない人のために、事件の概要をお伝えしておこう。番組は9月28日21時〜23時18分の枠で放送された。放送時間が2時間を超える、まさにスペシャルな番組だった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)