【アップル】“成長神話”の復活なるか「二つのiPhone」の賭け

【アップル】“成長神話”の復活なるか「二つのiPhone」の賭け

【アップル】“成長神話”の復活なるか「二つのiPhone」の賭けの画像

iPhoneを世に送り出してから10年。売り上げの約6割をiPhoneに依存するアップルは、2種類の新機種を同時に発表するという異例の手段で、成長神話の復活をもくろんでいる。(「週刊ダイヤモンド」編集部 大矢博之)

 年に1度の“お祭り”としては、寂しい光景だった。9月22日、米アップルのスマートフォン最新機種、iPhone8の発売日。通信大手3社は恒例のセレモニーで発売を盛り上げようと努めたが、店外に例年のような長蛇の列はなかった。

 世界でも類を見ない「iPhone好き」の日本ですらこのありさまなのだから、世界各地でも8の初速は低調。中国のあるアップルストアでは行列がたった2人だったことが報じられ、「恥ずかしい」との声まで上がっている。

 ただ、出足が低調なのも当然だろう。なぜなら、8は現行のiPhone7の改良版。有機ELを採用した全画面ディスプレーや、顔認証によるロック解除などの新機能は、11月発売のiPhoneX(テン)に搭載されるからだ。

「予約の半分以上はXになるだろうと予測しており、案の定その通りになりそうだ」とKDDIの田中孝司社長が語るように、8は発売時点で既に“旧機種”のような存在。新し物好きのユーザーは皆、Xを待っている状態なのだ。

 約7900億ドル(約88兆円)と世界最大の時価総額を誇るアップルは、2007年のiPhone発売でスマートフォンという新たな製品分野を開拓。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)