自分ばかり話をしていませんか?

自分ばかり話をしていませんか?

自分ばかり話をしていませんか?の画像

新刊『心に届く話し方 65のルール』では、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説しています。
今回の連載で著者がお伝えするのは、「自分をよく見せることを第一に考える話し方」ではなく、「聞いている人にとっての心地よさを第一に考える」話し方です。本連載では、一部抜粋して紹介していきます。

■一方的に話さない。聞き手に話を振る

 ここまで、聞き手がわかりやすい話しことばにするための様々なコツをご紹介してきました。文章を短くしたり、使うことばをわかりやすくしたり、理解しやすい話の順番にしたりと様々な方法がありました。この前の節では「黙る」ことの重要性もお伝えしました。こうした方法は、いずれも一つの大原則に基づいています。それは、聞き手にストレスを与えないように理解してもらうことです。

 ここではそのためのもう一つのコツ、「自分ばかり話さず、時々相手に話を振ってあげる」についてお話しします。

 ここまでの伝えるためのコツを少しずつ試していくと、次第に自分ではそれほど流ちょうに話せているという意識はなくても、聞いている方から話し方がわかりやすくなったと言われるはずです。最初は、「そんなことないですよ〜」なんて返事していても、何度か言われているうちに、「自分は話し方がうまくなったんだ」と思うようになります。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)