名画「バベルの塔」に隠されたメッセージとは?

名画「バベルの塔」に隠されたメッセージとは?

ブリューゲルの代表作のひとつ「バベルの塔」。この名画から読み解ける、当時のネーデルラントの混乱した状況とは?

いま、「美術史」に注目が集まっている――。社会がグローバル化する中、世界のエリートたちが当然のように身につけている教養に、ようやく日本でも目が向き始めたのだ。10月5日に発売されたばかりの新刊『世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」』においても、グローバルに活躍する企業ユニ・チャーム株式会社の社長高原豪久氏が「美術史を知らずして、世界とは戦えない」とコメントを寄せている。そこで、本書の著者・木村泰司氏に知っておきたい「美術」に関する教養を紹介してもらう。今回は、先日来日を果たした名画「バベルの塔」の裏側を読み解く。 

■なぜブリューゲルは、バベルの塔を描いたのか?

 16世紀を代表する画家に、ピーテル・ブリューゲル(父)がいます。先日、来日を果たした彼の代表作「バベルの塔」からは、当時のネーデルラント(現在のオランダ、ベルギー、ルクセンブルク)の混乱が読み解けます。

 ブリューゲルが生きたスペイン領ネーデルラントは、まさに宗教的・政治的に混乱状態でした。政治的にはスペイン派(王党派)と独立派が対立し、宗教的にもカトリックとプロテスタント、そしてユダヤ人もが同じ地域で暮らしている状況でした。そのうえ、プロテスタントにおいてもカルヴァン派、ルター派、再礼拝派などが混在していたのです。さらには、そこで使われた言葉もさまざまであり、こうした多文化社会が多くの対立の原因になっていました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)