習近平演説が示唆する「外国企業・個人も共産党に忠誠を」

習近平演説が示唆する「外国企業・個人も共産党に忠誠を」

Photo:新華社/アフロ

■習近平の3時間に及ぶ「報告」共産党はあらゆる分野の権限を強化

 本稿が配信される10月24日午前、第19回共産党大会閉幕式が開催される。その後間もなく(北京時間25日11時45分頃)、新たな中央政治局常務委員がお披露目となる。この日をもって、中国共産党政治は新たなフェーズへと入っていく。それを踏まえた分析・検証作業は次回以降に譲るとして、本稿では、党大会が開幕した10月18日、習近平総書記が行った、3時間21分に及んだ「報告」(前回の胡錦濤報告は約90分)を三つの視角から振り返り、その中からインプリケーションを抽出してみたい。

 一つ目は、以前からも本連載で検証してきた流れを継承する事項であるが、「報告」を通じて、習近平総書記率いる共産党が、政治、経済、社会、文化、外交、軍事といったあらゆる分野における権限の浸透を強化していく傾向と特徴が明らかになったことである。

 例えば、習総書記がすべての関係者に対して「全面的に、正確に、首尾一貫して実行すること」として呼び掛けた事項の一つに以下のものがある。

「党の全ての仕事に対する領導を堅持することだ。党政軍民学、東西南北中、党は全てを領導するのだ。政治意識、大局意識、核心意識、右に倣う意識を増強し、党中央の権威と集中的・統一的領導を自覚的に守らなければならない。思想上、政治上、行動上、党中央と高度な一致を保持することに自覚的でなければならない」

 私は特に、「党政軍民学、東西南北中」という中国語表記に驚かされた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)