「台風休暇」導入を日本経済のためにも真剣に検討すべきだ

「台風休暇」導入を日本経済のためにも真剣に検討すべきだ

雨が降ろうと槍が降ろうと会社を目指す…日本人の美徳と言えば聞こえがいいが、台風の危険すら顧みないほどの勤勉性は狂気だ。振り返れば、高度経済成長期はもちろん、戦時中から、日本人はこの病にかかっていた Photo:ZUMAPRESS/AFLO

毎年、台風被害に遭う宿命を持つ日本人。台湾や米国にも「台風休暇」が存在するが、日本人は相変わらず鬼の形相で遅延する超満員電車に乗ったり、暴風雨の中でも危険を顧みず車で出勤を試みたりする。この狂気にも似た勤勉性を治さない限り、働き方改革は実現しない。(ノンフィクションライター・窪田順生)

■台風21号で受けたダメージによって22号の危険性はさらに増す

 超大型の台風21号が列島各地に残した爪跡がまだ癒えないのに、またしても週末にかけて台風22号が上陸するらしい。

「また殺人的な満員電車でいつもの倍の時間をかけて出勤するのか」というサラリーマンたちの嘆き節があちこちから聞こえてきそうだが、もし上陸した場合はさらに深刻な「危機」も考えられる。

 21号によって、山間部は土砂崩れなどの危険が増している。都市部においても道路、橋、電柱、信号機などなど、ただでさえ老朽化の進んだインフラがダメージを負っている。そこへ22号が続くことで、「想定外」の被害を誘発しやすくなっている恐れがあるのだ。

 もし22号の上陸が通勤通学の時間帯に重なった地域の方は、自治体等の防災情報に耳を傾けて、ぜひ命を守ることを最優先した行動をとっていただきたい。

 ただ、どんなに「危機」を呼びかけても、日本人の多くは雨合羽を着込んで仕事に出かける。冠水しそうな道をマイカーで突き進み、電車が止まることを見据えて、いつもよりも早く駅へと向かう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)