時代は「マーケティング主義」から 「昭和のコンテンツ主義」に突入! 「広告」から「拡散」! 「広告代理店」から「個人」へ!

時代は「マーケティング主義」から 「昭和のコンテンツ主義」に突入! 「広告」から「拡散」! 「広告代理店」から「個人」へ!

三浦崇典(Takanori Miura)1977年宮城県生まれ。株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。雑誌「READING LIFE」編集長。プロカメラマン。小説家。劇団天狼院主宰。映画『世界で一番美しい死体〜天狼院殺人事件〜』監督。ライター・編集者。著者エージェント。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。2017年11月、『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)を出版予定。NHK「おはよう日本」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、雑誌『商業界』など掲載多 数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場。

世界一売ることが難しい商品が「殺し」を売ることができれば、世界一のマーケティング・マネージャーになることができるのではないか?――そう考えた天狼院書店店主の三浦崇典氏の発売直前緊急寄稿第2弾!
いよいよ11月9日発売される本格マーケティング小説『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)において、「受注数世界一の殺しの会社」を創ろうとしている主人公の女子大生起業家七海は、師匠の西城の教えで、世の中に存在する、あらゆる「マーケティング」関連の本を読み込む。
しかし、七海は「ビジネスモデル」を重視した1回目の起業を失敗し、西城にこう言われる。
「今まで読んだマーケティングの本を、すべて忘れるんだ――」
処女作『殺し屋のマーケティング』が発売直前の中、著者の三浦崇典氏は、本屋を起業したきっかけとなった『1坪の奇跡』(稲垣篤子著)に想いを馳せる。なぜ、今、「殺し屋小説」と吉祥寺「小ざさ」が結びつくのだろうか?

■「マーケティング主義」から「コンテンツ主義」へ

「広告」「営業」「PR」を重視した、「マーケティング主義」とも言える、今までのマーケティングが、「費用対効果」の面で急速に力を失いつつある。

 その一方で、去年から本格的に台頭し始めたのが、「コンテンツ主義」とも言える、「商品(サービス)」の「コンテンツの質」を重視した戦略である。
 それは、去年は映画の世界で特に顕著で、『シン・ゴジラ』『君の名は。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)