名画「落穂拾い」がフランスで好まれなかった理由

名画「落穂拾い」がフランスで好まれなかった理由

日本でも有名な絵画「落穂拾い」。実はこの絵画、フランス人の中には嫌悪する人もいました。その理由とは?

いま、「美術史」に注目が集まっている――。社会がグローバル化する中、世界のエリートたちが当然のように身につけている教養に、ようやく日本でも目が向き始めたのだ。10月5日に発売されたばかりの新刊『世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」』においても、グローバルに活躍する企業ユニ・チャーム株式会社の社長高原豪久氏が「美術史を知らずして、世界とは戦えない」とコメントを寄せている。そこで本書の著者・木村泰司氏に、知っておきたい「美術」に関する教養を紹介してもらう。今回は、日本でも有名な絵画「落穂拾い」の裏側に迫る。

■実はとても革新的だった「落穂拾い」

 今回は、教科書などにも載っている、日本でも有名な「落穂拾い」について解説していきます。「落穂拾い」は、ノルマンディーの農家に生まれたジャン=フランソワ・ミレーによって描かれた作品です。この作品が象徴するように、彼は純粋な風景画よりも、大地と共に力強く生きる農民の姿を描きました。

 その生い立ちから、過酷な労働に耐えて暮らす農民の姿をじかに知っているミレーは、都市のブルジョワジーが望むような牧歌的で理想化された農民の姿ではなく、貧しくも敬虔(けいけん)な農民の姿を写実的でありながら崇高に描きあげたのです。

 しかし、こうした農民の姿を描いたミレーの作品を嫌悪する人もいました。19世紀中頃のフランスは、パリと地方、都会と田舎、そしてブルジョワジーと労働者・農民階級との格差に対する認識が高まっていた時代でした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)