プロ野球に最も多くの選手を送り込んだ高校ベスト10は?

プロ野球に最も多くの選手を送り込んだ高校ベスト10は?

1936年のプロ野球誕生以来、最も多くの選手をプロ球界に送り込んだ出身高校は?(写真はイメージです)

 10月26日、今年のプロ野球ドラフト会議が開催された。かつてのようにドラフト外で入団するという道はなく、日本人選手がプロ野球に入団するためには必ずドラフト会議で指名されなければならない。

 今年指名されたのは本指名82人、育成指名32人の計114人。その出身高校は多彩で、誰でも知っている名門校から、かなりの野球通でも聞いたことがないような学校まで様々。なかには、独立リーグのBCリーグ・富山サンダーバーズからロッテ育成1巡目で指名された和田康士朗選手のように、埼玉県立小川高時代は野球部に属していなかったという選手もいる。

 この時期になると、この10年間で最も多くプロ入りした選手の出た高校はどこか、あるいはドラフト制度が始まって以来最も多くの選手が指名された高校はどこかという記事がよく出るが、そうした枠を取っ払って1936年のプロ野球誕生以来、最も多くの選手をプロ球界に送り込んだ高校はどこだろうか。

 最初にお断りしておきたいのが、日本のプロ野球界には、公式戦に出場した全選手の名簿はあるが、在籍した全選手の名簿は存在しないということだ。そのため、ここで集計されているのは筆者が独自に調査したもので、まだ一部に未集計の選手が残っている可能性がある。

 もう1つ問題になるのが、名門・古豪といわれる歴史の古い学校には、途中で分離や合併など様々な変遷のある学校も多く、どの学校をもってどの学校の前身とするかに見解の分かれる学校もあることだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)