格安スマホ・デビューのコツ、契約先は「料金以外」で選べ!

格安スマホ・デビューのコツ、契約先は「料金以外」で選べ!

MVNOへ乗り換える時の解除料や手数料がどれくらいかかるかは気になるところ。契約内容によっては更新月でない時に乗り換えても契約解除料がかからない、あるいは減額されるケースがあることも!(写真はイメージです)

今やビジネスでもプライベートでも、格安スマホを使う人が増えている。スムーズに「格安スマホデビュー」を飾るには、どうしたらいいのか。2回にわたって格安スマホの選び方、買い方、使い方のポイントを徹底解説する。(スマホジャーナリスト・石川温)

「格安スマホ」の契約数が伸びている。テレビCMやネット広告の影響もあって、総務省が先月に発表した2017年6月末時点の格安スマホ事業者(MVNO)の契約数は、966万となった。

 背景には通信業界特有の事情がある。MVNOは自社で基地局などの通信設備を持っておらず、NTTドコモなどの大手キャリアから通信網を借りている。全国的な店舗のネットワークも持たない。それらによって事業コストを浮かした分、ユーザーに格安でサービスを提供することができる。その料金は従来のスマホと比べて明らかに「おトク」だ。こうした理由で、「格安スマホに乗り換えたい」「新規契約をしたい」という人が急増しているわけだ。

 とはいえ、「興味はあるが、手続きが面倒だ」と、格安スマホデビューに二の足を踏む人も少なくないだろう。スムーズに格安スマホへ乗り換えるためには、どのようなポイントを押さえるべきか。以下で詳しく解説していこう。

■どんな基準で業者を選べばいいか

 まず、「格安スマホを契約したい」と思ったら、どこに行けばいいのだろうか。最も手軽な方法は、近所の家電量販店に出かけることだ。最近では、ほとんどの家電量販店で格安スマホを取り扱っている。家電量販店に足を運ぶと、様々なブランドの「スマホ」を目にすることだろう(下記の図表参照)。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)