マスコミ報道が世間の常識とズレる構造的理由とその解決法

マスコミ報道が世間の常識とズレる構造的理由とその解決法

マスコミ報道が世間の常識とズレる構造的理由とその解決法の画像

 加計学園の認可が正式におりた。ところが、マスコミの一部は相変わらず、問題の本質からズレたことや間違ったことを言っている。筆者はあまりに度が過ぎると思ったので、論考を書いた。

 本コラムでは、マスコミに世間の常識からはずれることになる「構造的理由」を書こう。

■マスコミ報道が世間とずれる構造的理由がある

 新聞の報道がいまいちになる原因が4つある。

 まずは、(1)日刊新聞紙法という法律だ。もう1つは(2)再販規制。そして次はこれから新たに生まれる(3)軽減税率だ。この3つで新聞はすべて守られている。

 それにプラスして、これは実際の話だが、新聞社屋のための(4)国有地の売却が絡んでくる。日本の新聞社の多くが、国有地を安く払い下げてもらって、社屋をそこに建設している。ある種の優遇措置を受けてきたと言っていい。

 大手町や築地、竹橋など東京の一等地に新聞社が立ち並んでいるのには、そのような理由があるのだ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)