怪物マイク・タイソンを生み出したカリスマトレーナーの数々の名言

怪物マイク・タイソンを生み出したカリスマトレーナーの数々の名言

タイソンはダマトからあらゆる教えを吸収した (Photo:(c)Ken Regan/Camera 5)

世界チャンピオン村田諒太選手の愛読書であるマイク・タイソンの自伝『真相』。村田選手は同書のなかで、タイソンのトレーナーであるカス・ダマトが「偉大なボクサーになるには考えることをやめる必要がある」と語った部分が心に残ったと新聞取材に対して述べています。今回は、カス・ダマトがタイソンにいかなる教えを伝授したのか、その名言を『真相』のなかからピックアップしてお届けします。

■カス・ダマトの教え

【心をコントロールすることについて】

「偉大なボクサーになるには考えることをやめる必要がある」「超越しろ。集中しろ。自分が自分を見ているのがわかるくらいリラックスしろ」 (『真相』54ページより)

「恐怖心はボクシングを学ぶうえで最大の障害だ。しかし、恐怖心は一番の友達でもある。恐怖心は火のようなものだ。管理する方法を学べば、自分のために利用することができる」 (『真相』53ページより)

「自分の心は友達じゃないぞ、マイク。それを知ってほしい。自分の心と戦い、心を支配するんだ。感情を制御しなくてはならない。リングで感じる疲れは肉体的なものじゃない。実は90パーセントは精神的なものなんだ。試合の前の夜は眠れなくなる。心配するな、対戦相手も眠れてやしない。計量に行くと、相手が自分よりずっと大きく、氷のように落ち着いて見えるだろうが、相手も心の中は恐怖に焼き焦がされている。想像力があるせいで、強くもない相手が強く見えてしまうんだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)